n-star h-star star

セフレ掲示板へようこそ

 恋人や妻はいないけどセックスはしたい。面倒くさい人付き合いを嫌って、セフレ――セックスフレンドという関係を望む男性は少なくありません。

 では、女性の場合はどうでしょうか。

 当然女性にも、男性と変わらず性欲は存在します。そして、面倒な人間関係を望まず、セフレという立ち位置に身を置く女性もまた、男性と同様実在しています。

 今までセフレを作ったことがない人には想像しづらいかもしれません。ですが、それは1つの真実なのです。

▼ご覧になりたい項目をお選びください▼

女性がセフレを作る理由

女性がセフレを作る理由

 男性が様々な理由でセフレを作る、あるいは作りたいと思うのと同じく、女性がセフレを求める理由も多岐に渡ります。

 大まかに説明するなら、『寂しさを埋めるため』、『ストレスの発散』、『刺激を求めて』、そして『性欲の解消』です。

寂しさを埋めるため

 日常の中でふとよぎる寂しさを感じたとき、女性は誰かの温もりがほしいと無意識に考えます。

 例えば、夜寝る前。部屋の明かりを消して体が寝る体勢に入ったとき、そんな寂しさを覚えたことがある人は男性にもいるかと思います。

 もしかしたらそんなとき、すでにセフレがいる人は実際にそのセフレとベッドをともにした経験があるかもしれません。

 例えば、恋人と別れたとき。何かしらの理由で自分から別れ話を切り出したときはともかくとして、相手に突然そんな話を持ち出されては、悲しさとともに寂しさを覚えても仕方がないことです。

 このときにセフレがいたら、少なくとも人肌恋しさを忘れることは簡単にできます。

 この、『寂しさを覚えると性欲が高まる』という現象は、生物学的にも説明がつけられる自然現象でもあります。

ストレスの発散

 現代はストレス社会といわれるほどに、日常のあらゆる場面にストレスの原因が潜んでいます。先述の『寂しさ』も、このストレスの一種です。

 人間のあらゆる活動には、自律神経系である交感神経副交感神経が強く関わっています。自律神経失調症という言葉でなんとなく知っているという人も少なくないでしょう。

 通常この2つの神経系は、シーソーのようにバランスを取って共存しています。簡単にまとめると、このバランスが崩れたままの状態のことを自律神経失調症というのです。

 それはさておき、ストレスが掛かっているという状態は、言い換えると交感神経が活発になっているということ。物事に集中しているときに唾液の分泌量が減少したり、緊張で汗をかいたりするのもこの交感神経の働きによるものです。

 この、ストレスにさらされている状態から開放されるとき、当然自律神経はバランスを取ろうとして副交感神経を活発化させます。この副交感神経の働きが、性欲の増大に直結しているのです。

副交感神経が働くと性欲が高まる

 副交感神経が活性化すると、男性ホルモンの一種であるテストステロンが分泌されます。

 これは性欲に密接に関わっている物質で、男性は勿論女性も有しています。男性だから男性ホルモンだけ、女性だから女性ホルモンだけというほど、人間の構造は単純ではありません。

 ですので、ストレスに晒されている、あるいは寂しい思いをしている女性が誰かに抱かれたいと考えるのは至極普通なことなのです。

刺激を求めて

 会社と家の往復しかしない日常や、パートナーとのセックスに不満がある場合も、女性がセフレを募集する要因となりえます。

 これもまた一種のストレス状態といえます。そればかりか、代わり映えしない日々というものは精神的にも肉体的にも感受性、ひいては潤いを失う原因となります。

 セフレならば、恋人のように記念日に気を使ったり相手の空気を読んだりしなくてもいい関係といえるため、そんなときに新しい刺激を得ることができ、結果として日々の生活にも潤いを取り戻すことができます。

性欲の解消

 何はともあれ、女性でも結局のところ、セフレを求める最たる理由はこの点に帰結します。

 寂しさを感じたときも、ストレスから解き放たれたいと思ったときも、刺激がほしいときも、根底にあるのは人間が生きていく上で必要な性欲なのです。

セフレができる場所

セフレができる場所

 では、そんな女性たちがセフレを探す際にどういった場所を活用しているのでしょうか。

 これは大まかに、『現実の出会い』と『ネットでの出会い』に分類され、細分化すると『職場』、『学校』、『元カレ』、『SNS』、そして『出会い系サイト』です。

職場、学校

 職場の同僚、あるいは学内の友人と密かにセフレになっている女性は多く、中には複数人と関係を持っている女性もいます。

 同じ組織に属しているのですから相手の都合も分かりやすく、何より何かあったときに共感を得やすいことから、セフレとしての関係を継続するのも容易なのが特徴です。事実、現在セフレがいる、あるいは過去セフレがいたと答えた女性に対し行われた、『そのセフレとどこで知り合ったのか』というアンケートに対し、『会社』と回答した女性は、後述の『ネット』という回答と並び全体の3割に達しています。

 ですが、彼女達は一見そういった素振りを見せません。実際はセフレの間柄にある相手に対しても、衆目がある場では同僚の1人、友人の1人として接します。

 それは彼女達が、セフレという関係が世間一般にマイナスイメージであることを知っているから。

 彼女達は決して所謂ビッチではありません。あくまで自分にとっての癒し、あるいは刺激としてセックスを求め、セフレを作ったに過ぎません。ヤ○マンなんて言葉は、彼女達にしてみれば不名誉でしかありません。

 セフレがいることが周囲に知られれば、自ずとそういうイメージが付いて回るでしょうし、他の同僚や友人から白い目を向けられる可能性だってあります。そんな状況に陥りたくないから、セフレとの表向きの繋がりは努めて薄く保とうとします。

 それに、そういった秘密を共有していることが、彼女達にとってのスパイスにもなっています。

 もしかしたら、同じオフィスにいるあの女性も、裏ではセフレと熱い夜を過ごしているかもしれませんよ。

元カレ

 先のアンケートでは、『元カレ』がセフレだと答えた女性も少なくありませんでした。

 以前恋人関係にあったのなら自ずとセックスの経験はあるでしょうし、体の相性も分かっているでしょうから、改めてお互いのツボを探す必要がないということは他にない利点です。

 また、別れたことを周囲に知られない限りは肉体関係にあったとしても誰にも咎められることはありません。恋人同士のセックスとは愛情表現の1つなのですから。

 仮に別れたことを知られたとしても、その知られた直前にそうなったということにしてしまえば、変な勘ぐりを受けることもないでしょう。

 元カレをセフレにするということは、彼女達にとって非常に都合がいいのです。

SNS、出会い系サイト

 Twitterをはじめ、数多くのSNSが日々活用されています。そこを通じて知り合った相手と実際に会ってセフレになる女性は、その普及率の上昇とともに増加傾向にあります。

 そして、ネット上での出会いといえば古くからある出会い系サイトも外せません。むしろ、実際の出会いにつなげるという点においては、SNSよりも出会い系サイトに強みがあります。

 そして、安全性においても、セフレを作る上ではSNSより出会い系サイトのほうが優れています。

出会い系サイトの今昔

 出会い系サイトは危険なアングラサイトである――そのイメージは、過去確かに存在しました。

 出会い系サイトの黎明期にはそれに対する法律の整備が追いついておらず、売春、詐欺など犯罪の温床であったことは1つの事実です。

 しかし現在では、出会い系サイト規制法によってそれらの多くは無縁の存在となりました。

出会い系サイトとSNSにおける被害児童数の推移

 1例として、警察庁発表による出会い系サイトとSNSにおける被害児童数の推移によれば、出会い系サイト規制法が改正されて以降、出会い系サイトでは被害にあう18歳未満の人数が明らかに減少しているのに対し、SNSでの被害数は急増しています。

 SNSは誰でも手軽に始められる反面、18歳未満の青少年と関わりを持ってしまう可能性も秘められています。その場合、万が一肉体関係に及んでしまえば性犯罪者として逮捕される可能性は非常に高いといわざるを得ません。

 そんな危険な橋は彼女達だって渡りたくありません。ならば、公的証明書による年齢確認が必須となる出会い系サイトでセフレを探すようになるのは、必然というわけです。

 出会い系サイト側でもそれを理解して、セフレを募集するための掲示板機能――通称セフレ掲示板を設置しているところも少なくありません。

セフレができる出会い系サイト

セフレを募集している女性の利用が多く、セフレ掲示板やアダルト掲示板も賑わっている出会い系サイトを、アクセス数など当サイト独自のデータに基づいたランキング形式でご紹介します。

あくまでこのランキングは目安であり、1位のセフレ掲示板を利用したからといってセフレができることを保証するものではありません。ご了承ください。

また、セフレを作る際には複数のサイトを利用した多角的な行動が最も効率的です。ご利用の際はご一考ください。

また、いずれのサイトも登録に際しましては無料で行うことができますのでご安心ください。

※無料登録の際に、登録の確認メールが迷惑メールフォルダに入ってしまう場合がありますのでご注意ください。


SexiaL friends

SexiaL friends Star1PointStar1Point Star 1PointStar1PointStar1Point

より大人なセフレとの出会いを求めるのならSexiaL friends。他と比較して年齢層が高く、ゆっくりと親密になってからというよりは、さっぱりとした大人なセフレ関係を築きたい方に人気のセフレ掲示板です。

SexiaL friends
詳細を確認

R-18


meet-セフレ募集SNS-

meet-セフレ募集SNS- Star1PointStar1Point Star 1PointStar1PointStar1Point

セフレを募集した際のレスポンスの速さが人気です。登録は若い世代が多い傾向にあるようで、フリーの女性のみならず若妻とセフレになることも可能なことから、若いセフレを手っ取り早く作りたい方に好評を博している様子です。

meet-セフレ募集SNS-
詳細を確認

R-18


愛カツ

愛カツ Star1PointStar1Point Star 1PointStar1PointStar0Point

Hな関係を前提とした出会いを探せるコミュニティでセフレづくりに適しています。近場でセフレを探したいときや理想の相手を見つけたいときによく活用されているようです。

愛カツ
詳細を確認

R-18


PCMAX

PCMAX Star1PointStar1Point Star 1PointStar1PointStar0.5Point

登録者数が1000万人を超え、アクティブユーザーも多い老舗・PCMAXなら、セフレ募集している女性をすぐに見つけることができます。年齢層は全体的に低めで、若い女性をセフレにしたいならこちらがおすすめ。

PCMAX
詳細を確認

R-18


Jメール

Jメール Star1PointStar1Point Star 1PointStar1PointStar0.5Point

PCMAXに匹敵する老舗です。一晩だけの関係を望む女性も少なくなく、セフレに対する敷居も低い雰囲気があります。勿論、望めば長期間セフレとして関係を継続できるでしょう。

Jメール
詳細を確認

R-18

※掲示板の利用における料金、ポイントの消費につきましては各セフレ掲示板の運営元でご確認ください。

地域別にセフレを探したい方はこちら

出会い系サイトの掲示板に登録している女性を厳選しご紹介していますので、地域別にセフレを探したい方はこちらからどうぞ。

北海道地方

関東地方

北信越地方

東海地方

中国地方

四国地方

九州地方

沖縄地方

完全無料のセフレ掲示板との違い

 掲示板という機能は勿論出会い系サイト独自のものではありません。ネット上には不特定多数との交流を主目的とした様々な掲示板が数多あります。

 その中には、そのものズバリ『セフレ掲示板』と銘打たれたものも存在します。

 ですがそれらは、かつての出会い系サイト以上に危険な代物です。

 誰でも利用できることから18歳未満が紛れ込む可能性があることは当然、悪質な詐欺業者への誘導、最悪の場合もっとひどい犯罪に巻き込まれることもあります。

 それならばまだ、SNSを活用したほうが安全でしょう。女性達も実際、そんなところではセフレは探していません。

セフレを手に入れるには

セフレを手に入れるには

 全く見ず知らずの相手をセフレにするには出会い系サイトが最も優れているのですが、だからといって登録しただけでセフレができるというものではありません。

 彼女達に『体を許してもいい』と思われて初めて、セフレとしての関係が始まるのです。

 では、具体的に何をしなければならないのか。それは、『彼女達がなぜセフレを求めているのかを正しく理解すること』です。

共通している点

 彼女達がどのような理由でセフレを募集していたとしても、いくつか共通しているポイントがあります。

 それは、いかなセフレといえども誠実さのかけらも見出だせない人間は見向きもされないということ。

 初対面なのにタメ口、どこか小馬鹿にしているなど、嫌厭される要素はいくつかあります。これらは知らず知らずのうちにそういう風に接してしまうこともありますので、十分気をつけてください。

 また、女性は好意的な感情が全くない相手に体を許すことはほとんどありません。女性受けがいい清潔感のある身なりを、最低限心がけるようにしましょう。

 それでは、それぞれのケース別に見ていきましょう。

寂しさからセフレを探している場合

 寂しさを抱いている女性をセフレにしたいなら、当然その寂しさを埋める人間にならなければなりません。

 一般的にそれは恋人の役割であり、一見セフレにするには不向きと思われます。しかし実際は、恋人はいらないけど人肌恋しいという女性は多く、加えて恋人と比べて気を使う必要がそれほどないため、セフレという存在は非常に重宝されます。

 それでもこの傾向がある女性は、セフレに対し擬似的な恋人としての役割を期待します。あくまでセフレではあるものの、会っているときだけは恋人のような意識を持つことで胸に空いた部分の代用品とするのです。

 そのため、男性の側もある程度疑似恋愛を楽しめる人間が求められます。それは何もプレゼントを送り合うとかそういうことではなく、頻繁に連絡を取るということでもありません。

 セフレはセフレとしてのスタンスを維持しつつ、しかし一緒にいるときだけは甘い時間を過ごしたい……この関係は、後々本当の恋人に発展する可能性が最も高いものといえるのではないでしょうか。

ストレス解消でセフレが欲しい場合

 世の中には様々なストレス発散方法がありますが、その中でもセックスを選ぶ女性とは、読んで字のごとくセックスする友人としての間柄を構築するのに最も向いていると考えられます。

 また、すでに特定の恋人がいることも少なくなく、恋愛関係に至る可能性も低いです。しかし友人としての繋がりは維持されるので、セフレとしての関係が中長期化することもよくあります。

 彼女達がセフレに求めるものは、まずはお互いにセックスが楽しめるかどうかです。自分本位のセックスをしたり、セックスが上手いと自称している人間は避けられます。

 逆にいえば、その点にさえ気をつけておけば、通常の友人関係を構築できるのならそこからセフレに発展させることも可能です。

刺激がほしくてセフレを求める場合

 このパターンの女性とセフレになったとして、会う回数は片手で数えて余る程度に収まる傾向が見られます。それは、刺激に対する貪欲さが強ければ強いほど顕著です。セフレにしようと思っていたらワンナイトラブで終わったなんてこともままあります。

 そしてその分、セックスまでのハードルが低く、誘えば案外とすぐ関係を持てるのも特徴といえます。

 彼女達の場合、他では味わえない刺激をセフレに求めることが圧倒的に多く、であるがゆえにひとところにとどまることができないのでしょう。

 なので、彼女達とは最初から長期的にセフレになろうと考えないほうがいいかと思われます。勿論体の相性や性癖の一致などがあれば、しばらくはセフレとして継続してつながることが可能ではありますが。

セフレを作るメリット

セフレを作るメリット

 ところで、皆さんはセフレを作ることには多数のメリットがあることをご存知でしょうか

 すでに取り上げた『煩わしい人間関係を抜きにして寂しさを埋めること/ストレス解消/刺激/性欲の発散が得られる』ことも当然メリットの1つではありますが、それだけではありません。

 こちらでは、セックス自体にあるメリットも含めて、いくつか代表的なものをご紹介いたします。

セックスの美容・健康効果

 かつて、『精子は美容に効果がある』という虚言が流布されていましたが、そのような事実はありません。

 しかしながら、セックスそのものには明確な美容効果、そして健康促進効果が確認されています。

カロリー燃焼

 1回のセックスに対する消費カロリーは約200キロカロリーとされています。これを通常の運動に当てはめると、ランニングマシンで15分間走るのに相当します。

 単調な運動を繰り返すのと同程度のカロリー消費が期待できるのなら、同時に性欲の発散や快楽を得られるセックスで燃焼させたほうがお得です。

肌の改善

 性欲に関わるホルモンはテストステロンですが、セックスすをすることで今度は女性ホルモンであるエストロゲンが増加します。

 このエストロゲンには美肌効果があり、肌の張り、シワの改善が期待できます。

 それのみならず、セックス中の心拍上昇によって血中酸素濃度が増えることによる肌の生まれ変わりの促進、発汗による毛穴の洗浄も行われます。

 更にはアンチエイジングホルモンとして知られるDHEAがオーガズム時に一気に増加するため、若返り効果すら望むことができます。

風邪、鼻炎予防

 アメリカはペンシルバニア州、ウィルクス大学の研究によれば、『週に1、2回のセックスを行うことで免疫の値が増加し、風邪やインフルエンザにかかりにくくなる』とのこと。

 ただし、過ぎたるは及ばざるが如しといいますが、あまりにも過度にセックスをしている場合、その数値はセックスを全然していない場合と同等になってしまうようですので、ご注意ください。

 また、セックスそのものにも抗ヒスタミン効果が秘められており、花粉症や喘息の改善にも効果が期待できます。

パートナーとのマンネリ防止

 人間長く付き合っているとどうしてもマンネリというものは避けられません。殊セックスにおいては、両者がよほど好奇心旺盛でない限りは回を重ねるに連れて単調になりがちです。

 そんなとき、方向性が全く異なるセフレがいれば、そのセフレとのプレイにより思わぬ発見があるなど、マンネリの防止にも繋がります。

普段はできないプレイの実践

 パートナーにお願いするにはハードルが高いプレイというのは多数存在します。

 極端なものでいえば窒息プレイやハードSM、露出系などの特殊性癖は、なかなか本来のパートナーには切り出しづらいものかと思います。

 そういった性癖の問題は男性のみのものではなく女性も有しており、『変態と思われたくない』などの理由からジレンマに陥るのは性別を問わず起こりえます。

 では、相手がセフレなら?

 たとえセフレ相手でもどうしても切り出せないという方もいるでしょうが、それでも恋人に切り出すよりは気安く、実際にそれで自分の中にある好奇心を満たした方は少なくありません。

男女別のメリット

 それでは最後に、男女別に見るセックスのメリットをそれぞれ1つずつご紹介してこの項目を締めたいと思います。

男性:生殖能力の改善

 定期的なセックスは男性の生殖能力に影響を及ぼします。とある調査結果では、長期間セックスしていない男性と定期的にセックスしている男性とでは、精子の質に違いが生じているとのこと。

 当然、質がよかったのはセックスしている男性の精子です。

女性:生理前の不快感緩和

 女性のみが抱える悩みとして生理痛がありますが、これは子宮の筋肉が緊張状態に陥ることで引き起こされます。

 セックスをすることによりその筋肉が収縮し、緊張をほぐす効果が確認されています。これにより、生理周期前にセックスをしたことで生理痛が軽くなったという女性は多いです。

 また、セックスやそれに付随するオーガズムによって放出されるホルモンが結果的にホルモンバランスの調整に一役買っており、生理が定期的に来る傾向があることも判明しています。

セフレを作るデメリット

セフレを作るデメリット

 ここまではセフレを作る際に生じるメリットのみをご紹介いたしましたが、残念ながらデメリットも存在します。

 そのデメリットを如何に許容できるか――セフレとの関係を楽しむには、必須といっても過言ではありません。

パートナーにばれた場合

 双方のいずれか、あるいはどちらともに本命のパートナーがいる場合、浮気乃至不倫と目され別れることになりかねません。

 最悪の場合、夫婦関係ならば賠償金(子供もいる場合は養育費)の支払いが発生します。

 勿論そんなリスクは犯したくないという方が大多数でしょう。そのためには、セフレとのやり取りをパートナーに見られないよう、最大限の対策を取る必要があります。

 ここで気をつけていただきたいのは、やり取りを残しているスマホを指紋や暗証番号でロックしただけでは、簡単に突破されてしまうということ。

なぜ認証が突破されるのか

 スマホのロックには、主に『指紋』『暗証番号』『パターン』『顔認証』が存在します。

 それらは一見頑強なセキュリティを誇っていますが、実のところ突破しようと思えば簡単に突破が可能なのです。

 例えば、指紋の場合は寝ている間にその指を使って簡単に解除が可能です。

 iPhoneのFaceIDに代表される顔認証も、設定をしっかりとしていない限り寝顔で突破されてしまいます。

 暗証番号とパターンによるロックは簡単に突破されないとお考えかもしれませんが、画面をしっかりと拭かないと操作した指紋が残ります。その痕跡を精査すれば、ロックの突破は容易です。

LINEなら偽装を

 ネットを介した他者とのやり取りと聞いてLINEを思い浮かべる方が大多数かと思いますが、LINEなら偽装は可能です。

 例えば、LINEでつながった相手の表示名はこちらで編集できるため、セフレの名前を同性のものに変更した上で、やり取りの内容を業務連絡風に行うなど、様々な対策法があります。

履歴の削除、ログアウトなど

 主に出会い系サイト内でやり取りをしているのなら、閲覧履歴の削除、ログアウトの徹底は勿論のこと、出会い系サイトにはパスワードの自動入力を行わないなど対策はいくらでも取りようはあります。

 また、各ブラウザには、閲覧履歴や入力履歴を残さないシークレットモード(ブラウザによって名称は異なります)がありますので、出会い系サイトにログインしてセフレとやり取りするときにはそちらを使用する手もあります。

どれだけ対策を取っていても

 結局のところ、ばれるときはばれます。それが絶対に嫌というのなら、パートナーがすでにいるのならセフレを作ることはおすすめいたしません

周囲にばれた場合

 セフレ、つまり肉体だけの関係というものは世間に受け入れがたいものがあります。

 パートナーがいなくとも、周囲に関係がばれることは極力避けたいところ。関係が発覚した際に発生しうる悪影響は、すでに上記にて触れています。

 そして、対策方法も先述の通り。大勢でいるときは親しげな接触を避け、ただの知人友人というスタンスを貫いてください。

 また、パートナーに対する対策も活用できます。もっともこちらの場合、スマホのロックに対してそこまで過剰に考える必要はないかと思いますが。

恋愛感情に発展

 セフレとは恋愛感情が伴わない気安い関係であり、それがセフレとして健全な姿です。

 しかし人の情念はいつどんなタイミングで変化するか分かりません。むしろ、体を許している分、男性であろうが女性であろうが恋愛感情が芽生えることは何ら不思議ではありません。

 もし相思相愛の状態であるならいっそ恋人に昇格というのもありでしょう。しかしそうでない場合、この状況は非常に面倒なものです。

 もし、片方がセフレ以上の感情がないというのなら、速やかに関係を解消したほうがお互いのためでしょう。

まとめ

  • セフレを作る理由は様々ある
  • セフレを作るなら出会い系サイトがいい
  • セフレを作るなら紳士的に
  • セフレにはメリットもデメリットもある

 以上、セフレについてご説明いたしました。何らかの形で、皆さんのお役に立てれば幸いです。

サイト内コンテンツ

当サイトにおけるコンテンツに関しましてはこちらからご利用ください。

セフレのジャンル