n-star h-star star

大学でやりやすさが決まるわけがない

今世間を賑わせている話題といえばいろいろとありますが、個人的にはやはり某週刊誌の『ヤれる大学生ランキング』です。他に取り上げるものがないのかと言われるとそれは勿論ありますが、それでもぱっと浮かぶのはこれでした。

別に彼らを養護するつもりは毛頭ありません。感覚が麻痺していたとか、売上至上主義に走りすぎたとかいう言い訳を聞きますが、そもそも根本的にそういう考え方がないとそこにはたどり着かないのではないでしょうか。その点を鑑みると、やはり彼らに弁論の余地はないでしょう。

どこの大学に通っていようが、結局やれるかどうかは個人の問題だと思います。どれだけいい大学に通っていようが遊びまくっている人はいますし、逆もまた然り。それを十把一絡げに扱えば、問題となるのは当然の話です。

ところで僕には大学生のセフレがいます。同じ大学ではなく、近隣にある女子大の学生です。あまりいうと特定されてしまうかもしれないので明言は避けますが、結構レベルの高い大学だということは間違いありません。だから、彼女と知り合うまでは、「あそこの大学は遊んでいる人はいないんだろうな」なんて勝手に想像していました。

むしろ、だからなのかもしれません。レベルが高いということはそれだけ入学に必要な成績も高いものを要求されます。合格するために寸暇を惜しんで勉強し、そのストレスに耐え抜いた反動とでもいいましょうか……少なくとも僕が彼女から受けた印象はそんな感じでした。

高校時代に遊ばなかった分を取り戻そうとしているような――まあそれも僕の勝手な想像に過ぎませんが。高校生の頃から遊びほうけていて、でもその大学に合格できるだけの実力を持っている人間というものは、往々にしているものです。彼女の過去については聞いたことがないのでなんともいえませんが。

何にしても、大学という枠でやれるやれないが見えるわけがないんです。大学生ともなれば人格形成はほぼ完了しているわけですから、そんな大雑把な区切り方ができるはずもありません。

頭脳明晰で勤勉なビッチだっているでしょう。頭は残念だけど貞操は硬い人だっているでしょう。それは、所属する組織だけではっきりと分かるものではありません。指標にすらなりえないでしょう。

セフレ掲示板【無料で募集】TOPに戻る