どれだけ好きな相手でも絶対に曝け出せない事があると思います。
その内に秘めた想いを曝け出せるからこそ、セフレを募集する人が増えているようです。
事実、セフレには曝け出している。という人が全体の7割以上もいるとの事です。

人には言えない事でもセフレのようなそれだけの関係であれば・・・
そういった思いから曝け出す人が多いのでしょう。

例えば、自分自身の性癖。
「実はSです」「実は口でするのは好きじゃない」など
実際には嫌な事でも好きな相手にはしてあげたい。
でもそんな事すると興ざめしてしまう・・・

一つや二つはある事でしょう。

セフレという関係性であれば、
何を言おうと、どういった体験をしようとも
それだけの関係であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

その結果、何でも話せる相手。となるわけです。

そうなると、自分の性癖はもちろん、
本当はどうして欲しいのか?どうされたいのか?等を
赤裸々に話し、本当は好んでいる事をして貰う。
あるいはしてあげる。という事が出来るわけです。

それを本命の人に言えばいいじゃないか?という応えもあるでしょうが、
それが言えない、言って嫌われたくない・・・
そうなってしまうと益々言えない状況へとなります。
ただその事を思い悩むのも苦しいですし、嫌です。
セフレ募集をしてセフレというパートナーを見つける事で、
その悩みが解消される。

これがセフレを募集する人が増える一番の原因ではないでしょうか?

セフレ募集をして相手を見つける事で解消されるのであれば、
それはそれで良いのではないでしょうか?