出会い系サイトにおいて、即アポとは即アポイントメント出来るという言葉の略です。
そのためすぐに約束を取り付けて会えるという意味になります。

欲求不満で早くセックスをしたいと思っている男性にとっては、セフレとの即アポ即エッチはまさに理想的な展開です。
しかし即アポという行為は、非常に注意が必要なのです。

そもそも女性の立場になって考えてみて下さい。
セフレを作りたいと思っている女性ですから、セックスが好きである事は事実です。
ですがネットで知り合ったばかりの相手と警戒心もなく、すぐに会ってセックス出来るのか?と言えばそんなわけがありません。
女性の方が男性に比べて体格も腕力も適いません。
そんな相手とホテルという密室で2人きりになり、裸になってセックスをするという行為は、無防備すぎる言えるでしょう。

だからこそ相手が自分に害を加えないという信頼関係が成立していないと、セフレ関係は成立しないのです。
そのため女性の多くは相手はセフレであっても、事前にメールのやり取りをしてお互いの事を知るために時間を費やします。
早く会ってセックスをしたいと思っている男性にしてみれば、そのメールのやり取りをする時間はムダな時間に感じるでしょう。

ですが男性にとってもこのメールのやり取りは意味のある行為なのです。
セフレサイトでトラブルに合うのは、何も女性に限った話ではないからです。
例えば18歳と詐称して本当は18歳未満の女性がセックスが終わった後に、その事をネタに恐喝してくるかもしれません。
そうなれば犯罪者になりたくありませんから、相手の恐喝を飲むしかありません。
でもメールのやり取りをしていれば、文章や考え方が年齢よりも幼い、年齢を詐称している可能性があると気づけるかもしれません。

またセフレは恋愛感情を発生させない割り切った関係が基本です。
でも女性の中には惚れっぽい女性やセックス依存症の女性、ヤンデレ系の女性も存在しています。
そういう女性に捕まってしまうと、割り切った関係が望めずに面倒くさい状態に陥ってしまう可能性があります。
そのためメールのやり取りで相手の性格や危険な傾向はないかチェックする事は大事な事です。

安全に楽しくセフレとセックスをしようと思ったら、女性だけでなく男性もメールのやり取りの中で相手の事を知るのは大切です。
なので女性を見習って、男性も警戒心を持ち即アポを求めずにじっくり相手を探してみてはどうでしょうか?