人って、一つの脳みそしか持ってないじゃないですか。だから、それが全てだって思い込んじゃう傾向があるようです。

何を言ってるんだって思ってます?大事なことですよ、これは。
勘違いをしがちなんですよ、人って。人間一人の持っている脳みそなんてとても小さいもので、その中にある知識や経験なんて、世の中にあるものの現象や事象などと比べたら、もう本当にごくごくわずかなものでしかないんです。宇宙の中に蟻一匹を放つようなもの。

どうしてそう思ったのか、これを話せば、少しはわかってもらえるかもしれません。
こんな真面目な話をしているように見えて、実は自分の頭の中には“セックス”とか“エッチ”とか…、そういうものが溢れてることだけはお伝えしておきますね。
でも、この話はこれらと繋がるものなんです。

セフレ募集のための掲示板とかサイトを使ったことがありますか?言葉のまんまですけど、セックスフレンドと呼ばれるような存在を見つけるための掲示板やサイトです。
自分は使ったことがありますし、とてもお世話になっています。

使ったことがない人に聞きたいんですけど、セフレ募集の掲示板とかサイトって、男の人が群がっていると思っていませんか?自分は思っていました。
本当に勝手なイメージですけど、9対1くらいの割合で男の人なのかなって思ってたんです、こういうのを使っているのって。

自分が使っているところは、6対4くらいのところもあります。7対3と、少し男性が多いところもありますけど、男女比が5対5に近い割合のところもあります。さすがに女性の割合が大きく上回っているところはないかな、今のところ。
それでも、セフレの募集は男の方が多くしているイメージは、早々に崩されてしまいました。

「マジか…」というのが、それを目の当たりにした時の自分の正直な感想。声に出しましたからね、「マジか…」と。

自分の脳が知っていることや考えていることって、現実と乖離している部分も多いということを、この時改めて感じたんです。何も知らないんだな、自分は…と。

それからは、セフレ募集に限らず、出会い系掲示板などを積極的に使うようになりました。
積極性が出た結果、ほぼ常にセックスフレンドがいる状態になれました。たまに途切れちゃったりしますけど、そうしたらまた掲示板などを頼れば大丈夫。女性の割合が比較的多いところがたくさんあることも、もう知っているから、「すぐに見つかるだろう」と楽観的。
実際に本当にすぐに見つかっちゃうからありがたい。

よかったです、使ってみることで価値観が変わって。