セフレ募集してた会社の後輩悦子に中出しした。
彼女は、俺とほぼ同じ時期に入社してきたが年下だった。
お互いに何かを感じ取っていて、すぐその何かはセックスだと気付いた。
お互い体だけの関係のセフレ。
恋愛なんてものより、シンプル・イズ・ベスト。
最初は新人だった俺も仕事を覚えて来ると忙しくなり、彼女とは疎遠になってしまった。
そんな折、同僚の女性から悦子が結婚すると聞いた。
なんでも、相手はセフレからダンナへと昇格したらしい。
一瞬、「俺は嵌められたか!?」と疑心するがそんな約束をした覚えは無い。
相手は同じ会社の大先輩だった。
ひとまず、安心。
悦子も30近いので焦っていたのだろう。
けど、出来心。
「結婚前に、悦子とヤリたい」
悦子はたいした体ではないが、足指舐め、アナル舌入れ、ビデオを見ながら手コキ&ゴックン、渋滞中のフェラプレイ、はては社内での一日ロータ装着プレイ、社内便所でのフェラ抜き等々命令すれば何でもしてくれる尽くすタイプだ

ダンナが長期出張にでてるのは確認済して今日しかないと思い悦子に連絡をとることに
悦子も迷うが「わかった」と返事
悦子も同じ考えな事が電話越しから伝わってきた。

ドアを開けるなり、壁に押し付け無理矢理キスをする
左手で胸をまさぐるり右手でチャックを開けイチモツを出し悦子の耳元へ
「これが欲しかったんだろ?」と耳を舐める。
悦子は、だまって頷く。
その後悦子の体を下へと移動する。
そのままフェラチオされ完全に勃起した
フェラチオに気をよくしたオレは悦子をベットルームへ連れて行く。

ベットに座らせ、俺は大の字になった。
フェラしてくる悦子。
両手で顔をやさしく掴みアナルへもって行くとアナルに舌を入れ丁寧に舐めまわす悦子。
いつもならこのまま口に出した後2ラウンド目を開始するのだが今回は目的が違うんだ
そう、今日は中出しが目的だ
そのまま彼女にケツをださせてバックで挿入
すでに濡れていたので挿入はスムーズだった
そのままバックで中出ししてやり
「幸せにな!」と捨てゼリフを残してその日は帰りました

セフレ掲示板【無料で募集】TOPへ戻る