n-star h-star star

セフレ掲示板に引っかかった女の子と旭川で秘め事を重ねた数年間

あるネットの出会い系サイトのようなところで、女の子を引っかけました。
引っかけたという言葉だと聞こえが悪いかもしれません。正確には、「引っかかった」でしょう。ぼくがセフレ掲示板を利用しているところに、女の子が声をかけてきたわけですから。

サイト内での出来事なので、実際に声を出してきたわけではありません。例えです。
ぼくのセフレ掲示板での呼び掛けに対してメッセージを発信してくれたわけですが、それにさらにぼくが応じて、やがてセックスをする仲になったということです。

お互いに住んでいるところは別々でしたが、ちょうど間に位置する旭川、ここでいつも会っています。地元というほどの土地でもなく、しかし、住んでいるところから遠くはないため、何かと都合のいい地域でした。
女の子がどこに住んでいるのかは知りません。最初に聞きましたけど、はぐらかされました。言いたくないことは言わなくてもいいし、ぼくもそれ以上は聞くこともない。これは、セックスするだけの仲では暗黙のルールのようなもの。
それをしつこく聞くような男は、女の子に嫌われてしまいます。少しでも嫌われる要素があれば会ってはくれません。

かれこれ数年間、その女の子とセックスをしています。
不思議と、他の見知らぬ女の子としたいとは特に思いません。出会い系サイトのようなところで、新たにセフレを募集することもなく、付き合ってはいないけれども、どこか特別な関係のようにも感じています。

それはきっとお互い様なのでしょう。
住んでいるところこそ知らないものの、彼女の家族や友人などの相談に乗ることもあります。そういった質問の中には、彼氏らしき人も登場します。
実はぼくにも彼女がおり、彼女とはセックスをしているのですが、どうやら女の子も同じような状況のようです。

付き合いが長くなり、徐々に女の子の全体像が明らかになっていくにつれて、その特別な関係も徐々に深みを増していきます。
ただの浮気ではなく、そこには確かに別の感情が生まれつつあるのです。ただ、ぼくはそれをどう表現したらいいのかはわかりません。好きという感情とも違うのです。
まさか、セフレ掲示板を使い始めた時には、誰かとこんな関係になるなんて思ってもいませんでした。

秘め事を重ねた数年間。もしかしたら、これがまだまだ続くのかもしれません。明日終わってしまうかもしれません。大切にしていきたい関係であることは確かなのですが。
切ろうと思っても、それが簡単にはできない関係。セフレ掲示板というのは、時に不思議な関係をもたらしてくれるものです。

セフレ掲示板【無料で募集】TOPに戻る