女の子

パチンコで勝ったとき暇さえ見付けては、セフレ掲示板で女の子のGETに励んでいます。
セフレ掲示板で簡単に釣れるようになったので助かってます。
メッセージを出していた女の子に何人かにメールを出したら、2人から返事がきました。
1人は援交目的っぽかったのですが、もう1人はそうでもなさそうだったので、1週間ほどメールのやり取りをしてから週末に会うことになりました。
女の子は奈緒美ちゃん、21歳のOLさんです。待ち合わせに来た奈緒美ちゃんはちょっとぽっちゃり目だけど、普通によくいる可愛い感じの子でした。
メールで個室ダイニングに行きたいと言っていたので、早速リサーチしておいた店に直行しました。
2人きりの個室で乾杯をして、程よく酔ってきたところでミニスカートの太ももやノースリーブから出た腕などにさり気なくボディータッチしていき
エッチなムードを高めていきます。さらに飲み進めると、思った通り、奈緒美ちゃんの目がトロンとして、僕の肩にうな垂れてきました。
僕はチャンスとばかりに奈緒美ちゃんにキスをして、服の上からおっぱいを揉んで、乳首を刺激しました。
奈緒美ちゃんは、僕の舌に合わせて舌を動かしならが鼻から喘ぎを漏らして、ピクンピクンと反応しました。
僕は服の中に手を入れてブラジャー越しに乳首を摘んだり、パンティの上から指でバイブレーションさせたりしました。
奈緒美ちゃんの吐息はどんどん荒くなって、僕のチンチンをズボンの上から握ってきました。パンティは、もうベチョベチョになるほど濡れています。
僕はこのまま奈緒美ちゃんを押し倒してヤリたかったのですが、個室といってもお店の中なので、
パンティの中に手を入れて指マンをして、奈緒美ちゃんはテーブルの下で僕のチンチンをしゃぶるという前戯まででガマンしました。
悶々とした気持ちで、僕たちはお店を出て足早に無言でホテルに入りました。飲ませればいい感じになると思っていましたが、
ここまで簡単にホテルに来れるとは思いませんでした。飲食代がちょっと高かったけど。
部屋に入ると、奈緒美ちゃんはすぐにベッドに倒れ込みました。その拍子にスカートが捲くれて、ピンクのパンティと白い太ももがむき出しになりました。
そてを見た僕はまた興奮がピークに達し、そのお尻に顔を埋めて、愛液でベッタリと張り付いたパンティの上からアソコを舐めまくりました。
奈緒美ちゃんは「ああん……ダメ……あ、あっあぁん」とお店では抑えていた喘ぎ声をあげ、お尻を振って僕の顔に押し付けてきます。
僕はパンティを横にずらして直接、ヌメヌメになってるワレメに吸い付きました。奈緒美ちゃんの愛液はちょっとしょっぱくヌメっとしていましたが、
久しぶりだったので、僕は夢中で吸いまくりました。
愛液がいっぱい出てくるように、クリトリスの皮をむいて舐めていると、「ダメ……あっ、ダメ、も、もう入れて……あぁ、お願い・・・」と目を潤ませてきました。
最初に会った頃の顔とは別人のように変わっていて、すっごくいやらしい女に変身していました。
僕はズボンとパンツだけ脱ぐと、奈緒美ちゃんの服も脱がさずに、バックからチンチンを挿入しました。ドロドロに濡れたアソコは気持ち良くて、
吸い付かれるような感じさえありました。腰を動かすたびにヌチャ、ヌチャといやらしい音を立ててチンチンに何かが絡んでくるような感触に包まれました。
彼女は名器をもっているようで今までのセックスでは感じたことがないぐらい気持ちよかったです。
僕はこの快感をもっと楽しみたかったのですが、居酒屋からずっとムラムラしており理性が働かない状態になっていたので、体位を変える余裕もなくピストンのスピードを上げ、
さらに奥深くに刺さるように突きまくりました。奈緒美ちゃんのアソコはどんどん熱くなって、愛液が溢れ、音も大きくなってきました。
あまりの気持ちよさにもうダメだ、という時に奈緒美ちゃんが「あっ、ダメ、イク、イッチャウ、ねえ、イッチャウの、イッチャウの、イッチャウぅ……」
と絶叫しながら背中を仰け反らせたので、僕は抜く間もなく、そのまま奈緒美ちゃんの中に大量のザーメンを発射してしまいました。
あとはもうヤリ放題です。ボッキしたままのチンチンで抜かずの2発に突入させて、騎乗位2発目の中出しから、混浴での浴槽エッチで3発目の中出し。
ベッドに移動してからは、フェラチオで口の中に発射。もちろん、ごっくんです。
朝まで寝ないでハメまくって、お昼に起きてからもホテルを出るまでに2回と、結構、お互いお酒を飲んでいたのに、よくヤッたなというくらいしました。
たぶん、体の相性もよかったのでしょう。別れてからも何度かメール交換をして、今ではセフレの1人として週に1~2度会っては中出しさせてもらっています