セフレといえば、身体だけと割り切って会ったときには基本的にセックスだけ、という関係が普通でしょうし、セフレ掲示板を使っている人間は男女問わずそういうものを望んでいるかと思います。私としてもそういう風に考えていますが、過去に一度だけ、それに逆らってしまったことがあります。

結論から言ってしまうと、セフレ掲示板で出会った女性に、本気になってしまったんです。
 

いつの間にか

彼女とはすでに何度も会っていて、文字通り色々と楽しんでいました。体の相性がよかったのか彼女とのセックスは最高で、他のセフレとは全然違う抱き心地に酔いしれていました。

それだけなら別に問題ではありません。たまたまセフレ掲示板で知り合った女性の具合が最高だったというだけの話ですから。

彼女は気立てもよく、はつらつとしていてその上よく気がつく女性です。前の日の仕事疲れが残っているときなんかは優しく奉仕してくれますし、ムシャクシャしているときに会ったら―実を言うと会った時点で割と落ち着くことはできるんですが―多少乱暴にしてしまっても受け入れてくれる。そういうことが重なって、いつの間にか彼女を単純にセフレとして見ることができなくなっていたのでしょう。
 

どうすれば

勿論彼女にその気がないのは分かっています。セフレ掲示板にも『恋愛とか抜きに身体だけ』とありましたし、はじめて会ったときもそういう風に言われました。他に彼氏がいるのか、あるいは単に恋愛は面倒だからなのかは分かりません。もしかすると私のように彼女を好きになったセフレがいて、その人から告白されたことがあるのかも。何にせよ彼女が望んでいるのは恋人ではないことは確かです。では私は一体どうしたらいいのか。このままただのセフレとして身体を重ね続けるのか。それとも……
 

結局

私が選んだのは前者でした。今も彼女への想いは捨てきれていません。もしかしたら彼女のほうも気づいているかもしれませんが、今のところはそういう素振りはありません。この関係が果たして健全なのかどうかどうにも判断に困るところではありますが、これからもおそらく、彼女との関係はしばらく続くと思います。勿論セフレとして。
 
それに、これは思わぬ副産物ですが、好きなのに相手にその気はなく、しかし一緒に快楽に溺れられるというのは、それはそれで背徳感があっていいものです。

セフレ掲示板【無料で募集】TOPへ戻る