男って人混みが嫌いな人が多いですけど、女性ってなんで人混みに行きたがるんですかね?正確には『人が多く集まるイベントに行きたがる』という感じでして、彼女と付き合っていたときも、人でごった返すライブ会場に付き合わされました…。

そんな彼女とも別れてからは、しばらく人混みとも無縁でした。一人なら嫌いなイベントに顔を出すこともないし、セックスできないことを除けば、正直「別れて良かった…」としか思えなかったのです。ただ、『セックスできない』という点は、男にとって大きなネックです。

だから私は「また彼女を作ると人混みに付き合わされるから、恋人じゃなくてセフレを作ろう」と思い立ったのです。物静かな彼女なら人混みも嫌いでしょうが、そういう子とはなかなか会えないため、セフレ掲示板で相手を探すほうが確実だったのですね。

しかし、セフレ掲示板を利用した結果、なんと私も『夏祭り』に行くことに…ちなみに夏祭りは夏休み中に開催されることがほとんどなので、当然ながら人混みが発生しやすく、その日も酷かったですね…まあ、いいこともちょっとだけありましたが。

きっかけは、セフレ掲示板で知り合った子と仲良くなったことです。その子(以下Bと呼びます)とメールアドレスを交換したら思いのほか会話が楽しくて、セックスしない日でも結構雑談をしてまして…それで「ねえねえ、良かったら夏祭りに行かない?」と誘われてしまいました。

別に断れば良かったのですが、この子はセックス相手としては最高でして、断って気まずくなるのが嫌で…なので、結局は人でごった返す祭り会場に向かい、再び人混みにもまれました。夏の人混みは本当に暑苦しくて、私もセフレも汗まみれです。

しかし、これが功を奏しました。人混みから脱した私は隣を歩くBを見ると、服がちょっと透けるほど汗をかいていて、これがなんとも色っぽくて…それで「ごめん、我慢できないから、そこでしない?」と公衆トイレに誘い、相手は「えぇ…」と言いつつも、一緒に入ってくれました。

汗だくの服を脱がすとむあっとした匂いが立ちこめ、もうこの時点でたまりません。Bは「汗臭くない?」と言ってましたが、私からすればフェロモンでむんむんでして、最高のセックスができましたね…。

人混みは最悪でしたが、その後の汗だくなBは最高にエロくて、十分元は取れた気がします。エロい女性とのエロいセックスは、男にとって魅力的すぎるのです…。

もしも夏祭りに行くなら、こういうセックスを狙ってみましょう。