どれだけ女の子と出会うことができるのか、つまり“出会い率”を考えた時、各掲示板で優劣がそれなりに出るのではないかと考えています。

「別に出会えなくてもいい」、そう思いながら出会い系サイトや掲示板を使う人はいないでしょう。出会いたいからこそ使っているはずです。となると気になるのがこの出会い率。
各サイトや掲示板が詳細にこれを出すことは難しい。すべての会員や利用者の利用状況を把握して率を割り出すというのは現実的ではありません。
しかし、利用者側からしてみれば、実感として残ることはあると思います。

僕にも、その実感は残っています。
最初に使っていたのは非常にオーソドックスな出会い系サイトです。各目的(友達や恋人、セフレや不倫など)にカテゴリが分かれており、自分の求める人がいるカテゴリで出会いを探すといったサイトでした。
この手のサイトに幾つか登録し使っていましたが、正直、さほど大きな成果を上げることはできませんでした。それでも出会えなかったということはありませんでしたが。

次に試してみたのが、掲示板です。これも幾つかのジャンルを試しました。友達、恋人、セフレ、愛人、人妻、神待ち…、本当に色々なジャンルがあって面白いなと思いましたが、その中でも最も出会い率が高かったと感じたのがセフレ掲示板です。

これはあまり予想していませんでした。友達を作るための掲示板の方が会えそうかなと思っていたんですけど、これは、ウェブ上では仲良くなれるんだけど、実際に会えるかといえば、それほどでもありません。
しかし、セフレは合わなければ成立しない関係なので、セフレ掲示板で相手を募集するなりしてやりとりがスタートすれば、最終的には会うところまで向かうのです。

これが、セフレ掲示板の出会い率を上げている要因ではないかと思いました。

まだ出会えていないという人は、もう少し継続して使い続けてみてください。まだコツが掴めていないだけかもしれません。波や流れというのもどうしてもあって、これは慣れやタイミングによって決まります。
波や流れに乗ることができれば、それこそ「こんなにいっぺんに相手できないよ」と思うくらいに、女の子と接近することができると思います。
僕も、連絡先を交換して、「この日に会いたい」などと言われたけど、先約が入っていたので泣く泣く諦めたこともありますから。この時の波や流れというのは、今考えても嬉しい悲鳴でしたね。

その前に、恋人掲示板、友達掲示板、不倫掲示板、あるいは普通の出会い系サイトなどを使って成果が出ていないなら、すぐにセフレ掲示板に移行してみることです。きっと、違う結果が待っていると思いますよ。

セフレ掲示板【無料で募集】TOPへ戻る