最近我が国では草食系男子の流行によって「セックスレス」に陥る若い男性が増加傾向にありますが、反対にセックス依存性になる男性も多いようです。実施にセフレ掲示板でもセックス依存性になっている男性も多く、何度もセックス掲示板を利用しているリピーターも多いです。

ではどんな人がセックス依存性になりやすいのか実際に見てみましょう。

コレクターはセックス依存性になりやすい

男性に多く見られる趣味といえばコレクション収集ではないでしょうか。
スターウォーズのグッズなど集める人って多いですよね。

最近は映画でもセックス依存性の男性を主人公にしたものがあるのですがこれを見たある漫画家はこう語ります。

「セックス依存症」とは、アルコール依存症やギャンブル依存症と同様の精神疾患とされていて、それがないとどうしても落ち着かなくなってしまう病気のこと。

2009年にはプロゴルファーのタイガー・ウッズ氏が実は重度のセックス依存性に陥っているということも報道されていました。
彼はセックス依存性が原因で浮気グセが治らなかったのではないかとすら言われていました。

これに対してある女流作家はこう持論を展開しています。

「わたしも“ヤリチン男”ってよく漫画に出しますし、取材で会ったこともあります。彼らのなかには、何百何千っていう女性をコマしているというすごい人もいたのですけど、彼らが過去、女性からひどい目に遭ったかというとそういうわけではないんですよね」

過去の性的トラウマ云々は別にしてセックス依存性は誰もがなりやすいということですね。

セックス依存性になればこんな子とセックスしたい、こっちの子ともしてみたいと一種のコレクター心が働くのだと言われています。

セックステクニックに自身がある人ほどセックス依存性に!?

言われてみればセックステクニックなんて試験や検定があるわけではないので腕試し的に自分のセックステクニックを試したくなる人も多いようです。

先ほどの映画の話に少し戻りますとこの映画の主人公は何かを隠すためにセックスをしているという裏設定があります。
人間は本当に恥ずかしいことほど何も言えなくなるという性質がありますがある意味では本音を言えないという人もまたセックス依存性になりやすいのかもしれません。

セフレ掲示板を使っているユーザーの殆ども普段は恥ずかしくて言えない様な性癖を暴露しているわけですからね。
ある意味セフレ掲示板を使う人もセックス依存性になっていても可笑しくはないですね。

セフレ掲示板【無料で募集】TOPへ戻る