一昨年から、妻と共働きになりました。最初は妻の希望で専業主婦をさせていましたが、妻のほうから「家にいると退屈だし、やっぱり仕事してもいい?」と言ってきたので、その言葉通り職場復帰をしたのです。

専業主婦だった頃も普通に生活できていましたが、やっぱり妻も働くと収入面は改善されて、預金もどんどん増えていきます。こんな時代だからお金はいくらあっても困らないし、最初は「やっぱ共働きのほうがいいかな?」と思っていたのですが…。

最近になって気になったのが、夜の問題です。妻が専業主婦だった頃は毎日でも付き合ってくれましたが、職場復帰してからは「うーん、仕事で疲れているし、あなたもちゃんと休んだほうがいいし…」とセックスを回避するようになりました。

私としては「セックスと仕事は別!」と言いたいのですが、妻はそこまで体力があるわけじゃなく、結局はセックスレスになりました。まだ夫婦の愛情が冷めているってほど深刻ではありませんが、奥さんがいるのにムラムラを我慢していると、そのうちイライラにつながりますよね?

というわけで、私もセフレ掲示板を使い始めたのです。もちろん使う前は「奥さんがいるのにいいのかな…」と葛藤しましたが、やっぱり男にとってセックスは欠かせません。妻と一緒になったのも、セックスしたさがありますしね。

セフレ掲示板ではたくさんの女性がいるため、好みのタイプを探すべくプロフィール欄を見ていたら、28歳のB(仮名)さんが目にとまりました。Bさんはバツイチで今は独身らしく、「もうしばらく再婚はいいから、セックスだけがしたい!」と叫んでいましたね。

こういう相手は非常に都合がいいため、交渉を持ちかけるとすぐにセフレになってくれました。共働きでセックスできなくなったとはいえ、妻と別れるつもりはありませんから、割り切って遊べるかどうかを大事にしたかったのです。

Bさんに共働きでセックスレスになったと話すと、相手も「私の元夫も仕事が忙しいとほったらかしにしてきたから、気持ちは分かるかも」と言ってくれて、こういう理解を得られるのもやっぱりうれしいですね。

そんなBさんは性欲もすごく強くて、妻とは正反対でした。「やっぱり仕事とセックスは別でしょ!」と私みたいなことを言って求めてくる姿は、まさに理想のセフレです。セフレ掲示板を使うなら、やっぱりこういう人と会えないとダメですね。

Bさんとは今もセフレとして仲良くしており、心地いい関係が続いています。