そこそこ仲が良くて、ナンパとか合コンとかを一緒にするような友人がいるんですけど、そいつがついにネットで女の子を捕まえようとし出しましてね、しかもそれに使っているのが普通の出会い系サイトじゃなくてセフレ掲示板だっていうからちょっと驚いちゃって。
「そんなものが世の中にあるのか」という驚きでもなければ、「普通の出会い系サイトじゃないのかよ」っていう驚きでもありません。敢えて言ってしまえば、「そんなもの使ったってセフレなんてできるわけがないだろ」という意味がこもった驚きです。

存在も知っていれば、普通の出会い系サイトとはちょっと違う、掲示板形式をとったセフレ探しサービスだということも知っていました。サービスというよりも、場を用意するのでどうぞ勝手に使って交流してください的なものですよね。
ただ、友人がそれを使って本気でエッチができる女の子を探そうと思っていることに驚いてしまったんです。

報告がありました。「昨日、女の子と会って遊んできた」と、聞かされました。
詳しく聞けば、セフレ掲示板で連絡先をゲットして、その子に「会おう会おう」と言って会ってもらって遊んだと、遊んだ末にホテルにまで行ってエッチをしたと、そういう内容でした。

まさかと思いましたけど、ちゃんとその子と撮影した写真も見せてくれて、しかも下着姿の女の子。そこそこ可愛くて、その友人も一緒に写っているものもありましたから、もう紛れもなくボクの知らない女の子と会ってエッチをしている時の写真なんです。
疑いようがないその事実。「まじかー…」と、ほぼ言葉を失いました。

友人が使っていたセフレ掲示板がどれかを聞き出し、それを早速使ってみたボク。書き込んでいる女の子も多くて、もちろん男の人の書き込みも多くて、この中から選ぶのは大変だなと思ってましたけど、友人が幾つかアドバイスをくれていたので、それに沿ってコンタクトを取り始めました。
すると、2人の女の子からいい反応があったので、その子たちと連絡先の交換をしてみることに。
いい感じなんですよ、会話が。楽しいし、ちょっとした下ネタに持っていってもちゃんと返してくれる。そこで思い切って「会おうか」と言ってみたら、なんとOKの返事。

会ってみたら友人の会った女の子よりは可愛さでは劣るけど、スタイルが良くて雰囲気は抜群。ちょっとしたカフェでコーヒー的なものを飲んで、そこからホテルへ行って、見事に挿入まで到達することができました。
本格的にセフレとして続けていけるかはわかりません。これからですね、そこは。でも、そのキッカケがセフレ掲示板で本当に作れるんだと、それを身を以て教えてくれた友人に超感謝しています。