私はかれこれ5年ほど、彼女を探したことはありません。今の年齢は32歳でして、そろそろ結婚も意識すべき年齢かもしれませんが…いろいろありまして、私は『とにかく多くの女性とセックスすること』を優先しているため、割り切り相手ばかり求めているのです。

きっかけですが、それは童貞を捨てたときでした。童貞を捨てるまでは「オナニーでも大差ないって聞いたし、セックスは無理にしなくてもいいや」と思っていたのです。

しかし、初めてセックスをしたとき、その考えは変わりました。女性の中というのは想像を絶する気持ち良さでして、私はオナニーの空しさを知ったのです。そして「セックスって女性によって気持ち良さが違うってことは、もっと気持ちいい相手がいるのかな?」と考えました。

それ以来、私は「男の人生は、気持ちいいセックスをどれだけ経験したかで決まる」と考えるようになりまして、ひたすらセックスだけができる相手…つまりは割り切り相手を探し続けたのです。いちいち恋人を作ってセックスしていたら、時間がかかりすぎますからね。

なお、『どんな人よりも気持ちいいアソコを持った女性』というのは、簡単には見つからないでしょう。たとえば「この女性は最高だ!」と思っていても、別の女性としたときに「あ、やっぱりこの人のほうがいいかも…」と感じることがあるため、誰が一番とは決めにくいのです。

だから今はひたすらセックスを経験するしかなくて、その中での一番を感じ取るしかありません。ちなみに今は「これまでに抱いた女性の中だと、この人が最高かな」と思える女性と会ってまして、しばらくはこの人とばかりするかもしれませんね。

その女性はA(仮名)と言うのですが、Aはルックスこそ普通ですが、アソコは普通ではありません。上手く口では表現できないのですが、『入口がきつくて中はつぶつぶがあり、抜こうとするとぎゅうっと締め上げてくる』という感触が最高です。

そしてAも自分の中に自信があるのか、「私とした男の人って、大抵は我を忘れて腰を振る」と自負しており、それについては同意できます。Aの膣内はオナニーどころか、オナホールすら凌駕している名器だと言えましょう。

Aの中を堪能し尽くしたら、おそらくは別の女性を探すでしょう。ただ、Aほどの名器はなかなかいないし、別の女性を探す場合でも「とりあえずAとは継続的に会うようにしよう…」と考えています。

皆さんも割り切り相手を作るなら、名器を探してくださいね。

セフレ掲示板【無料で募集】TOPへ戻る