女性が上に乗って腰を振る『騎乗位』と呼ばれる体位ですが、これを経験した男性はいますか?AVでは簡単に見られるプレイ内容ですが、現実世界では好む女性も少なく、「彼女にお願いしたけど、してもらったことがない…」という男性も多いと思います。

私も騎乗位を経験したのは、セフレ掲示板を使ったときのことでした。それまでは普通の女の子とばかりしており、なんとなくエッチな子と遊びたくなった私は、ついにセフレ掲示板にアクセスしたのですが…ここで『騎乗位専門のセフレ』を見つけたのです。

その女性の募集内容は「騎乗位だけで遊んでくれる人はいますか?」というもので、この時点で特異な募集なのが丸わかりですね。ただ、普通の出会い系では目立つものの、セフレ掲示板にはこういう特殊な募集もわりとあるみたいです。

気になった私も話しかけましたが、その会話内容は予想通りでした。相手から「騎乗位以外はしませんけど、それでも会ってくれますか?」と言ってきて、騎乗位を経験してみたかった私は普通にOKしました。

ただ、このときは「まあ騎乗位専門とは言え、相手が疲れたら交代できるだろ…」と安易に考えていたのです。女の子って言うこともコロコロ変わるから、「騎乗位のあとはどんなことをしてみようか…」と想像していましたが…。

一緒にホテルに行くと、私が勃起するまでは普通のセックスでした。キスをしてお互いを愛撫し合い、セックスの準備をします。そして勃起したら「じゃあ、私が上になるね?」と相手が言って、そのまま入れてもらいます。

騎乗位での挿入感は、やはり正常位とは違います。正常位に比べると奥まで到達しやすいのか、ペニスの先端が子宮口に当たっているのがよく分かり、かなり気持ちよかったです。また、騎乗位だと相手が動く度におっぱいが揺れるため、見応えもありますね。

しかし、予想外だったのがこの子の体力です。私が「騎乗位ばかりで疲れたでしょ?そろそろ変わる?」と聞いたら「ダメです。今日はずっと私が上ですから、じっとしててください」と念押しされ、本当に騎乗位以外はできませんでした。

終わってから「上で腰を振ってたら疲れない?」と聞いたら「スポーツは好きだから大丈夫ですよ」と笑い、その顔には余裕があったのです。騎乗位以外は興味ないとはいえ、そのためにここまで体力を付けたとしたら、頭が下がりそうですね…。

なお、この子と会うときは今も騎乗位以外では入れておらず、その体力は健在ですよ。