ある日、私は突然妻とセックスできなくなりました。その理由ですが、『妻がセックスでなかなか濡れなくなったから』でして、その原因は今もはっきりとはしていません。なお、これが原因で別れることはなく、今も一緒に生活していますよ。

妻は恋人同士の頃からセックスに乗り気ではなくて、私も誘うのに一苦労でした。「でも、結婚すれば変わるよな?」と期待して籍を入れ、新婚のうちは何度も求めたものです。妻も最初はがんばって応じてくれましたが、それも限界でした。

ある日はいくら愛撫しても濡れなくて、妻も全然喘がないので、途中で切り上げました。私は欲求不満でしたが、妻はそれ以上に落ち込んでおり、ずっと謝ってきたので責めることもできません。後日病院で検査してもらったら、重度の病気ではないみたいで、それは安心できました。

ただ、それ以降はセックスに誘えなくなりまして、私は自慰で処理を続けていたのです。妻は本当に申し訳ない気持ちなのか、その分家事などをがんばってくれて、セックス以外では最高の女性でした。しかし、目の前に最高の女性がいるのにセックスできないのは、なんともつらい気持ちになりませんか?

最初は自慰で我慢していた私ですが、ついに女性の肌が恋しくなりまして、セフレ掲示板を使い初めてしまったのです。こうした状況なので妻にも尋ねておこうか悩みましたが、妻だってつらい思いをしているのでしょうから、そこに追い打ちをするわけにはいきません。

だから私は妻といるときは彼女を大切にしつつ、時間があればセフレ掲示板で相手を探し、そこで見つけた女性に性欲解消を手伝ってもらっているのです。あくまでもセフレはセフレなので深い関係にはならないようにし、愛情に関しては妻だけに注いでいるつもりですよ。

セフレ掲示板で久々にセックスをしたときの感想ですが、悔しいけど気持ちよかったですね。「妻以外として気持ちよくなれるだろうか…」という気持ちがあったのですが、実際にセフレとセックスを始めると「妻があんな状態とはいえ、ほかの女性を抱くなんて…」という背徳感もあり、ものすごく興奮してしまいまして…。

興奮した男はたくさん射精するように、私も気持ちよく出せまして、事後はとてもスッキリとしていました。だからセフレ掲示板はやめられず、今もセックスがしたくなったら、ここでお相手を探しているのです。

妻は今でも気付いていないし、セックスをせずとも側にいてくれる私を愛してくれています。

関連記事

セフレ掲示板【無料で募集】TOPへ戻る