まだ妻と一緒に過ごしていた頃、私はあまりの自由のなさに不満を感じていました。私は自分だけの自由な時間を非常に大切にしており、結婚前にも「お互い自由になる時間はちゃんと用意しよう」と伝えていたのですが…。

結婚後は妻も変わってしまい、私の行動にいちいち文句をつけることが増えた結果、3年目にて離婚しました。相手はまだ私に愛情があったみたいですが、対する私はびっくりするほど冷淡だったため、最終的には離婚にも合意してくれたのです。財産もそれなりに分け合いましたしね。

そして一人で暮らすようになった頃から、ものすごく気持ちが楽になりました。大抵の人は離婚後に落ち込むみたいですが、私はすぐに自由な時間を謳歌するようになり、元妻からの連絡もガン無視でしたね。

とくに楽しかったのが、憧れだったセフレ掲示板を使ったことでしょうか。結婚する前から気になっていたのですが、結婚後はやっぱり使うことはできなくて、「離婚が成立したら、ここでセフレを作ろう」と密かに考えていたのです。

セフレ掲示板を使うのは正真正銘初めてだったから、ドキドキしながら書き込みをしたのですが…女性がたくさん話しかけてくるから、ちょっとびっくりしました。相手は30代以降が多かったものの、それでもうれしかったですけどね。

そして私が会うことを決めたのが、32歳のD(仮名)という女性でした。Dがくれた写メを見たとき、容姿についてはそこそこだったのですが…顔だけでなくおっぱいの写真もくれたので、この人にしたんです。やっぱりセフレ掲示板を使うなら、エッチな人がいいですよね。

実際に会ってみたDは写真よりもエロいオーラを出していて、セックスする気満々なのが最初から伝わってきました。この日はまず個室の居酒屋で飲んだのですが、個室ってことでお触りをし合ったり、乳首を見せてもらったりしたおかげで、ラブホに行く前から勃起しそうでしたね。

ラブホテルでもDはエロくて、服を脱ぐときはわざとゆっくり脱いだり、手コキ中も出そうになったら手を止めたり、焦らすのがとても上手です。焦らすのがうまい女性がエロいっていうのは、男にとっては常識みたいなものでしょう。

散々焦らされてから入れたDのアソコは、愛液もたっぷりでするりと奥まで入り、適度に締め付けてくれるから気持ちいいです。焦らされた私はいつもより早く出してしまったものの、すぐに復活して朝まで楽しみましたよ。

今はセフレと遊ぶ時間もたっぷりあるし、離婚して大正解でした。