最近はセックスしない男性が増えており、それが原因でのEDも増加してきました。「セックスしないとEDになるの?」と驚くかもしれませんが、人が作った機械は使わないと動かなくなるように、人間の体も使わない部分は劣化していくのです。

これは男性機能でも同じであり、オナニーをする人ならともかく、セックスもオナニーもせずに射精すらろくにしないと、かなりEDになりやすいでしょう。射精する能力も使わないと鈍っていき、精力減退につながるのですね。

私も彼女と別れた直後に、すごく忙しい時期が訪れました。フリーで働いているから仕事には波がありまして、ちょうどたくさん入ってきたのですね。仕事で忙しいのはなかなか大変ですが、フリーはやった分だけ報酬につながるため、頑張って働きました。

そして仕事で疲れていると、オナニーする気力もなくなりますよね?彼女がいたら「休みの日はセックスするか…」と考えるものの、それすらないため、「射精しなくてもいいだろ…」という日々がかなり続いたのです。

それで私はある日、自分で抜くことにしたのですが…抜こうと思ってAVを見ながらシコシコしても、なかなか勃起しません。一応時間はかかるものの勃起はできまして、それで射精するためにしごき続けたのですが…なかなか射精感がやってこないというか、気を抜いたらすぐに萎えそうでした。

そんな現実を目の当たりにした私は、やっと自分がEDのなりかけだと気付いたのです。それに焦りを感じた私は「今はオナニーって気分でもないし、可愛い子とセックスしないとEDは防止できない!」と考えて、セフレ掲示板にチャレンジしました。

彼女もいないのにセックスするなら、基本的にはセフレを作るしかありません。そしてセフレ探しならセフレ掲示板と相場も決まってまして、私もセフレ掲示板で好みの女性を探しました。EDを吹き飛ばすような可愛くてエロい子を必死に探したら、A(仮名)という女性が会ってくれたのです。

Aに見せてもらった写メはかなり好みで、私の股間も反応してくれました。ちなみにAはセックスだけでなく食事も希望してまして、私が奢ると伝えたらすぐに会ってくれたのです。仕事で忙しかった分、奢りくらいなら問題ありません。

Aは食事後は約束通りセックスに付き合ってくれまして、私は少し緊張しつつも体を重ねたのですが…やっぱり好みの相手なら勃起も射精もスムーズでして、自分の男性機能が正常化したのが分かりました。

それ以来、ED防止のためにセフレ掲示板を使っており、なくてはならないサイトになりましたね。