n-star h-star star

セフレ掲示板―気楽なセフレ関係

セフレに関して最大の疑問は、恐らく『セフレを作ることは悪いことではないのか』ではないでしょうか。

確かに日本の公序良俗に反しているように感じている人は少なくありません。セックスとは恋人、あるいは夫婦同士で行う営みであり、また最大級の愛情表現でもあるのだからそれ以外の人間とするなんてどうなんだ、と。

加えて、セックスそのものを悪と捉える人も少なからず存在します。不潔だ、とか、不健全だ、とか。

しかしながら、果たして実際のところどうなのでしょうか。

最後までお読みいただければ、セフレを作ることは決して悪ではないと、理解していただけるかと思います。

セックス=悪は極端すぎる

当然のことですね。そもそも(体外受精などの手段はあるにせよ)セックスをしなければ子供はできません。もしセックスが悪だというのなら、人類、ひいては生物の大半が悪から生じた存在となってしまいます。

第一、セックスを悪だといっている人々も、もとを辿れば両親の性交の結果生まれたわけですから、その行為を悪とするのはあまりにも暴論ではないでしょうか。

まあ、そんな人々はこのようなところにはやってこないでしょうから、いっても始まらないのですが。

欧米では普通のこと

ここは日本なのだから海外と比較してどうするとの声は承知の上ですが、欧米におけるセフレ(ファックバディ)は忌避される存在ではありません

日本でのセックスに対するイメージといえば交際関係ありきでしょうが、欧米においてはまず肉体関係ありきで、そこから交際に発展、もしくは友人関係ということもままある話です。

海外ドラマなどでは、まだ知り合って間もない2人が抱き合うシーンが散見されますが、これは決してフィクションの中の話ではありません

デイティング期間

セフレとは少々異なる話にはなりますが、デイティング期間、あるいはデイティング・ピリオドと呼ばれる、いわば交際までのお試し期間というものが欧米には存在します。

この期間で相手との相性などを見定め、この人となら、となったら実際の交際に発展するわけですが、この期間中は実質両者ともフリーの状態ですので、複数の異性とセックスも含めた関係をもつことも少なくありません

性にオープンな欧米だからこその文化だといわれればそれまでです。ただ、この考えは非常に合理的だと感じました。

もし第一印象だけで交際をスタートさせ、その後で実は性格が最悪だったり、体の相性が悪かったりしたら・・・デイティング期間を設けていたら、これらの問題は回避できていたかもしれません。

勿論、デイティング期間は最終的に誰かを選ぶ前段階ですから、セフレを作るという行為とは直接的には関係ないかもしれません。ですがセフレという語源、セックスする友達という考え方から照らし合わせてみると、近いように感じませんか?

日本におけるセフレの考え方

多くの場面において独特の文化を築き上げてきた日本ですが、外国の方々にいわせれば性についてもかなり特徴的となるようです。

先述のデイティング期間の例になぞらえるなら、欧米ではセフレからスタートして最終的には交際へ至りますが、日本においてはセフレは恋愛対象外となることが多く、交際に発展する例は多くはありません。というよりも、日本人の多くがセフレと恋人を完全に切り離して考えている傾向が強く、そういったところから、セフレ=悪といった考え方に辿り着くのかもしれません。

しかし、本当にセフレは悪なのでしょうか?

セフレを持つ若者が増えている

一定以上の年齢の方なら耳を疑うかもしれません。ですが現在、セフレ、もしくは一夜限りの関係を持ったことがある若者は増加傾向にあります。

2015年に行われた雑誌の『anan』の調査では、若者の7人に1人がセフレがいるというデータが発表されました。

恋愛に興味を持たない若者が増えていると叫ばれている昨今、何故このような現象が起きているのでしょうか?

セフレ=セックスもする友達

若者の恋愛離れの背景には、経済面などの問題もありますが、やはり人間関係の煩わしさがあります。

恋人になると何かとお金と時間がそちらに取られ、また仲が進展すれば相手の親との付き合いなども生じてきます。それを面倒と感じて、恋愛を億劫に感じる世代が増えているのです。

また、こと日本の恋愛においては未だに男女不平等というか、それぞれ『男として』の役割、『女として』の役割が根強く残っていることもその一因でしょう。

食事などデートの支払いは男。女は可愛らしさ、あるいは美しさを求められ、それが気疲れにつながることも多々あります。

その点セフレなら、そういった煩わしさに悩まされることはありません。

友達だから気兼ねせずに済む

セフレは恋人ではなく友人関係ですから、いちいち記念日にプレゼントを送り合う必要はなく、また妬みや嫉みとは無縁です。

暇なときに会って、他の友人と遊ぶのと同じ感覚でセックスし、時間が来たらさようなら。そういう気安い関係だからこそセフレを作る若者が増えているのでしょう。

友達だから平等

更にセフレという間柄ならどちらがどうあらねばならないという先入観は必要なく、先述のような、ある種世間から押し付けられるような義務は発生しません

勿論、食事などの際に女性の側が『食事は男がおごるもの』と考えているケースもあります。ですが相手がセフレなら、恋人と行くようなオシャレなレストランである必要はなく、ファミレスやファストフードで済ませられます。

その程度のおごりなら、さして財布には影響しないでしょう。

見栄を張らなくて済む

相手が恋人ならある程度の見栄というものは必要でしょう。ですがセフレ相手には見栄も虚勢も必要ありません。

誰に対しても見栄を張りたいという人はともかく、気を張る必要がないという点においても、恋人よりもセフレを作る若者が増えている理由でしょう。

出会い系サイトを使ってセフレを作ろう

そんな若者たちがセフレを作る際に活用しているのが、当セフレ掲示板でご紹介している出会い系サイトです。

むしろ、こういったツールが発達したからこそ、セフレを作る若者が増えたともいえるかもしれません。

セフレ掲示板【無料で募集】おすすめランキング

セフレ掲示板【無料で募集】TOPに戻る